2018年02月01日

スーパー・ブルー・ブラッドムーンを「烏賊の血色の月」という知人

木曜日 天気:晴れ 
記録:スタッフC

昨夜の美しい天体ショーはご覧になりましたか?

雲がかかるかと思って心配していましたが、多治見でも実に美しい皆既月食が観られました。

私も写真を撮ってみましたよ。
スーパーブルーブラッドムーン.jpg
特に習ったことがないので、インターネットでサクッと検索して。
三脚を使いましたが、シャッターを切るだけでボケてしまいますね。(それ用のシャッターは持っていません)

皆既月食中は暗い月にピントが合わせられず、また、終盤は雲がかかってぼんやりしています。

縮尺サイズが違うとか、しぼりが違うとか、他にも突っ込みどころ満載です。

美しい月食の写真や映像があふれる中、こんなものをさらして申し訳ないんですけど、このブログに載せたいってだけで撮ったのです・・・お付き合いありがとうございました。


ところで、タイトルの件なんですが、
皆既月食の話題が多かったことで、日頃全く天体などに興味の無い知人(リサーチのためのリアル高校生)が
「今日の月は青いらしいです」
と言ってきました。
「烏賊の血色の月って、面白いですね」
(声のトーンに乱れ無し)

・・・・・・・うーん

これは冗談なのか?

ブルーブラッドを青い血と直訳し、烏賊や蛸の血液は空気に触れると青くなることからそう言っているんだ、とは理解します。(彼は海洋生物が好き)

が、ブルーブラッドは貴族や高貴な人を表す言葉でもあり・・・
彼は天体に興味は無いが、一般的にはかなり物知りでそっちの方を知ってそう・・・
(高校生である事を考えても)
その反面、常識的なことを本気で知らなくてびっくりさせられることも・・・・

私はからかわれているだけなのか、それとも本気で言っているのか・・・・

とりあえず、赤い月の写真を送っておきましたが、返信はまだです。

こんな時、真面目に悶々とせず、かっこいい切り返しの技を身につけたいものです。
(高校生相手なんですけど)
posted by 織部学園高校生徒会 at 15:46| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする