2018年02月08日

よういりゃぁた、高田

木曜日 天気:晴れ 
記録:スタッフC

高田焼(たかたやき)は、多治見市の
高田町や小名田(おなだ)町を産地とする美濃焼のひとつ。

高田の徳利は、通い徳利と言われ、酒屋さんがお酒を売るのに貸し出し用の容器として使用したものだそうです。
江戸時代から昭和初期まで盛んに生産されました。

IMG_9138.jpg

このオブジェは虎渓山町7という交差点脇にあります。
大小の徳利が綺麗に並んでいて、一つ一つに様々な絵が施してあるので、結構じっくり眺めてしまいました。

IMG_9142.jpg

脇に立っている看板には、窯元がたくさん紹介されています。

私としては紹介文の東濃弁を見てもらいたくて写真を撮ってきました。

こんなにごつい東濃弁は近頃なかなか耳にしません。
ちなみに私はイントネーションバッチリでしゃべれます。たぶん。
posted by 織部学園高校生徒会 at 16:10| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする