2018年03月02日

多治見橋の街灯

金曜日 天気:晴れ
記録:スタッフC

多治見橋は、明治13年に明治天皇行幸にともなって架橋された後、2度の洪水や老朽化で架け替えられ、現在の橋は昭和12年に完成した5代目のものだそうです。

同じ時期に架けられた昭和橋が改修され、昭和初期の面影を残すのは多治見橋だけとなりました。

多治見で焼き物の流通が盛んだった昭和のはじめ、親柱には伝統的な陶器のオブジェではなく、モダンな街灯がおかれたんだなと思うと、今とは違う時代の文化価値について考えたりもします。

IMG_9422.jpg
多治見橋の街灯

「やくならマグカップも」vol.17で、陶芸部の彼女たちと由香里さんが、それぞれ夕日を見ていたのはこの橋です。
posted by 織部学園高校生徒会 at 15:01| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする