2018年06月01日

瑞浪駅

金曜日 天気:晴れ
記録:スタッフC

美濃焼のまち瑞浪市にある、JR東海 中央線の駅、瑞浪駅です。

IMG_5247.jpg

円柱の塔はたくさんの焼き物のブロックが貼り付けてあります。駅の前にそびえていて、とても印象的。整ってこざっぱりした駅ですね。

駅を正面に見て左のスロープがある方に、公衆電話が2機設置されています。その公衆電話に上に、こんなものがありました。

IMG_5241.jpg

巻貝はビカリアという、瑞浪を代表する貝化石で、1500万年〜10万年前に生息していたそうです。実際の大きさは10センチくらいと書いてあります。その脇で曲げ頭にハチマキ、ふんどし姿の小さいおじさんが筆と壺を持っています。壺は焼き物ということなのでしょうか?

瑞浪は美濃焼だけでなく、化石も有名です。中山道の宿場もあって、一味違った魅力を持つまちです。

市民バスを探していたら、時刻表にあと20分ほどで駅前を出発するとあったので待ってみることにしました。

IMG_5251.jpg

ほどなくやってきたバスは、色違いの2台。化石博物館の瑞浪Mioちゃんやデスモくん、みずなみ窯之助がデザインされていました。オレンジとブルーと緑のラインが波のように入っています。・・・何かしら意味があるんでしょうねぇ。
・・・気が向いたら調べます。
posted by 織部学園高校生徒会 at 18:49| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする