2018年06月06日

きょーる

水曜日 天気:雨
記録:スタッフC


昨日、車が追いかけてくるときの「ぼってきょーる」という方言の話をしました。
「ぼって」は「追って」でしたよね。今日は後半部分の「きょーる」をもう少し詳しく書きたいと思います。


「きょーる」は「来ている」ということなんですが、すこしニュアンスが違う、と考えています。
違う、というか、足りない、というか・・・。
「来ている」という、動きがいまいち曖昧な状態ではなく、正確には「来つつある」という進行形の表現なのです。


これと同じく、「いきょーる」というのもあります。
「ほれほれ、そこ、今あるーていきょーらっせる」とは、
「今まさにそこを歩いて行きつつあるよ」ということの、臨場感あふれる表現なのです。

「準備している最中」「帰っている途中」などという面倒かつ中途半端な言葉を使わなくても

「準備しよーる」「今帰りょーる」「食べよーる」

これで、まさに今、その行動をとっている、ということを言い表しているのです。


「よ」が大きくなったり小さくなったり、変化もあるようです。

posted by 織部学園高校生徒会 at 18:48| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする