2018年12月11日

荒神窯さんに行ってきました(2)

火曜日 天気:曇り
記録:スタッフC

昨日のブログでは、みなさんもとっくりとっくんをご存知である、と言う前提で話をしてしまいましたが、全国規模のゆるキャラ的にはマイナーな存在だった気がする、と思い直したので、おさらいします。

そもそも土岐市は、徳利の産地やお皿の産地、どんぶり、茶碗、湯飲みの産地、などそれぞれの地域で得意な器があって、その産地が集まって市になっています。ちょっと乱暴なまとめ方ですけど、ざっくりそうです。今も、それぞれの産地で陶器まつりが行われていて「窯元めぐり」は、窯元から直接買い物をすることができる、とても人気のイベントなのです。

その窯元めぐりを楽しむ人たちが、街を歩きながらもっと楽しんでくれたらな、と考えられたのが「とっくりとっくん」というわけです。
窯元の仲間たちが一緒に考えて、最初の年、41体のとっくんが出来上がりました。
それから10年、毎年1度1週間、とっくんをつくる期間を決めて、みんなで集まって作っているのだそうです。

よく続いてますね、というと、
「遊んどるようなもんやもん。楽しんでやらなきゃ続かないよ。やれって言われたらいややもん」・・・うーむ。おっしゃるとおり。

image.png

街のあちこちに、いろんな表情のとっくんたち。荒神窯さんの前にももちろんいます。

松葉杖なのに転んでまた怪我しているとっくんは、土岐光さんの実話なんだとか。


posted by 織部学園高校生徒会 at 16:55| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする