2019年06月03日

「大丈夫」の使い方

月曜日 天気:晴れ
記録:スタッフC

「大丈夫」を辞書で引くと、名詞と形容動詞があって、名詞では「立派な男子」「偉丈夫」と出てきます。形容動詞の方では、「しっかりしているさま 危なげがない様子 堅固なさま」「間違いなく 確かに」などとあります。

しかし最近は
必要か否か問われた時、不要であるという意味で使ったり、できるかできないかを問われて、可能や承諾の意味で使ったりすることがあります。

先日、この件で私の方言の先生方からいろんな質問を受け、返答に困ってしまいました。
「どっちの大丈夫かわからんときがあるんやて」
「どうやってつかっとりゃーすの」
「最近のことばおかしいやら」

同じ日、私はとあるお店のカウンターで「ポイントカードは」と聞かれ「大丈夫です」と答えてしまい『つかっとるやん』と心の中で突っ込んでしまいました。

「いらないです」とか「結構です」より柔らかく伝えようと使ってしまうんでしょうね。
言葉は変化していくものだと言いますが、なるべく意識しておきたいです。
posted by 織部学園高校生徒会 at 15:55| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする