2020年02月25日

久々利城跡 3

火曜日 天気:曇り
記録:スタッフC

IMG_3336.jpeg

やはり駆け上がることはできませんでした。一息ついて下を見ると結構急勾配です。でも、すぐそこに入り口が。まだ全然ですね。

IMG_3338.jpeg

3年前の幟が立っていました。下にあった森蘭丸の描かれた幟とはかなり雰囲気が違います。もしや城主久々利悪五郎?それにしても悪五郎って。

IMG_3343.jpeg

城の入り口に到着しました。
虎口(こぐち)というのはお城の出入り口のことで、常に人の出入りがあるため城の弱点となる場所だそうです。この虎口の発達が城の築城技術の発達ともいえるとか。ちなみここは枡形虎口(ますがたこぐち)と言って、正面から責めることができないよう枡の形になっているらしい・・・
記念スタンプの横のピンクの説明板に書いてあります。
そう思いながら見てもきっとこれのことだろうな、となかなか確信が持てませんでした。
見る人が見たらわかるのでしょう。

せっかく久々利城に来たので、思い出ノートのようなものに久々梨ちゃんの落書きをしてきました。下手すぎて公開できませんけども。
posted by 織部学園高校生徒会 at 18:22| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする