2020年09月16日

「藍色志野」の酒井さん 銀賞受賞

水曜日 天気:曇り
記録:スタッフC

酒井さんには「やくも」の話で伺ったセラテクノ土岐でお会いして、展示会の冊子の案内をいただいたことがあります。写真を見た時「志野をこんなにきれいな形で作るんだ」って思いました。私の志野の印象って、どんなに生地がきっちりした形でも釉薬がぽってり覆って柔らかいイメージなんです(素人です)。それが、柔らかいフォルムには違いないんだけど、ラインなどがすごくシャープ。そしてなんと、色はグラデーションのブルーグレー??。でもちゃんと志野なんです。
見たことないわ〜って思ってました。
その、酒井さんが国際陶磁器フェスティバルのコンペティションで銀賞というニュースを見て、一度お会いしただけなんですけど、めちゃめちゃうれしくなってしまいました。

志野に挑戦したい姫乃にも、釉薬といい、形といい、是非みてもらいたいなぁ。
posted by 織部学園高校生徒会 at 18:03| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする