2018年02月07日

309才の狛犬と土雛

IMG_9218.jpg
じゃん。
309年前のやきものの狛犬です。
瑞浪市陶磁史料館の入口に展示してありました。
なんともいえないお顔です。

そして資料館ではミニ企画展として「お雛まつり」がロビーで開催されています。
IMG_9217.jpg
学芸員の砂田さん(左)と土雛の前で写真を撮らせていただきました。
土雛は、大正から昭和の前半(戦前)のものだそうですよ。
IMG_9215.jpg
青い敷物にかかる土雛は、瑞浪最後の市原土人形作家、後藤久美氏(故人)の作品です。

土雛の造形は角が丸く柔らかいのですが、絵付けが繊細で生き生きとしていました。


・・・直子の作品(やくならマグカップも vol.15参照)を再現してみたい・・・です。
posted by 織部学園高校生徒会 at 17:59| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。