2020年01月24日

やきものの絵を描く

金曜日 天気:曇りのち晴れ間
記録:スタッフC

現在最新刊のvol.30の表紙は、ひめちゃんが登窯らしきところから焼き上がった志野茶碗を取り出してみているところです。

IMG_3086.jpeg

これについては、ちょっとしたところで議論がありました。
例えば志野の特徴の柚肌と言われる小さな孔も描かれていますが、黒の色合いが長石から透ける鬼板とはまた違っている・・・・など。

で、こっちのほうが近くない?と言われたのが
こちらの黒織部。

IMG_2988.jpeg
(伊村彰介作 瑞浪市陶磁器資料館特別展示中)



なるほど〜。
それもありかも。

いや〜それより、専門家がそんなふうに話題にしてくれたことにちょっと感動しました。

茶碗の絵もかじぃは日々成長しています。
posted by 織部学園高校生徒会 at 17:08| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。