2018年09月11日

半分、青い。ちょっとだけ撮影地巡り(4)

金曜日 天気:曇り時々晴れ
記録:スタッフC



撮影地巡りで楽しみの一つは、ご当地グルメです。

「半分、青い。」では「五平餅」がその代表。

IMG_6356.jpg

五平餅のお店は、この地方、いたるところにございます。
「ふくろう商店街」の五平餅屋さんは、人が並んでいました。さすが・・・
通りに五平餅を出すお店が何軒かありますが、わらじ型(ドラマで出てくる形)じゃないお店もあって、そこはわざわざ但し書きがしてあります。
「うちの五平餅は団子型ですよ」って。

ちなみに私の家で作る五平餅も団子型です。
大勢集まった時などは、子ども達が、もち米を混ぜて炊いたご飯を潰して、専用の串に(幅広め)丸めてつける手伝いをするのです。七輪で焼くのもよかったなあ。
父の作る自家製のタレは、継ぎ足されながらずっと冷蔵庫にあります。
大げさな表現ですけど、我が家では五平餅作りは父の重要な仕事という気がします。

とある友人の家ではバーベキューの締めは、焼きそばや焼きおにぎりではなく、五平餅と決まっているそうです。

身近すぎて考えたことがありませんでしたけど、地域性など調べたら面白いかもしれませんねー。
posted by 織部学園高校生徒会 at 18:44| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

半分、青い。ちょっとだけ撮影地巡り(3)

月曜日 天気:雨
記録:スタッフC

「ふくろう町」の通りの写真をあちこち撮って、アップする予定でしたけれど、どうしても人が写り込んでしまうし、みなさんいろいろなところで紹介されていると思うので、写真は最小限にしました。

IMG_6343.jpg

IMG_6344.jpg

でも欲張りなので、チョイスした写真はこれ。見えるかなあ。
通りのガラス戸に貼ってありました。写真やマップでふくろう商店街が紹介されています。
ドラマでは写真屋さんが実は民家だったり、名前は違うけど、カステラ屋さんはカステラ屋さんだったり、商店街がどう撮影されたかよくわかるようになっています。

観光客がこの写真を見ながら、この店は仙吉さんが五平餅を習ったところだから行ってみよう、などと話しているのも聞こえてきました。

無料の休憩所もあり、ゆっくり町歩きを楽しむことができます。

IMG_6369.jpg

IMG_6371.jpg

等身大パネルもありました。
みなさん、一緒に記念撮影をしていらしゃいましたよ。


今日、東濃のいくつかの市で大雨警報が出ました。姫乃たちも午前で帰宅です。
皆さんもお気をつけて。
posted by 織部学園高校生徒会 at 18:08| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

半分、青い。ちょっとだけ撮影地巡り(2)

金曜日 天気:雨
記録:スタッフC

やってきました「ふくろう商店街」。

IMG_6328.jpg

へえぇ、なるほど。
よくよく聞くとメインの撮影場所はもう少し進んだところだということです。

思ったより人が多くて、顔が写り込まないように写真を撮るのは大変でした。

IMG_6331.jpg

そして、見つけましたよ「おしゃれ木田原」です。
主人公鈴愛の幼馴染の実家です。

IMG_6333.jpg

お店の人がニコニコと撮影時のいろんなお話しをしてくださいました。撮影地巡りって、こうしてその土地の人とお話しできるところも楽しみの一つなんですね。

もともとこの街は、岩村城下町、女城主の里として観光地化されていて、街の人たちも観光客には慣れている様子。大河ドラマ「おんな城主 直虎」の時も取材があったそうですしね。応対も優しいし、話し上手な人が多いと感じます。

街の写真を見て、お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんけど、電信柱がないんですね。全て地下なんだそうです。
なので、ドラマ撮影の時は、わざわざ電信柱を立てたのだそうですよ。

ところで、東濃弁では「電信柱」を「電信棒」といいます。
東海や関西あたりの方言だそうです。
posted by 織部学園高校生徒会 at 18:29| Comment(0) | 生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする